2021年11月2日〜11月7日
天守御神画展 - 我を見守るものたち -
土屋秋恆

20211102-1

天 守 御 神 画 展

- 我を見守るものたち -

土屋秋恆


2021年 11月2日(火)〜 11月7日(日)

10:30~20:30
最終日~19:30

 

20歳になったある日、一人屋根に登り、天を駆ける存在に芸術家として生きていくことを誓いました。

宗教的信仰や習慣的民間信仰、様々な捉え方がありますが、大きく見れば人々は古来より何か大きなエネルギーに対して畏怖や敬意の念を感じ、それらに名前を付けてきたのだと思います。優しく包み込むような存在、破天荒に荒ぶる存在、静かに道を指し示す存在。様々な存在の、大きくて力に溢れる姿が想像できますが、それらを作品として描くのは簡単ではありません。時にその存在になりきり、力を注ぎ込んで描いていくと、仕上げの頃にはこちらの目も血走り、興奮状態になり、体力を消耗し、限界に近づく頃、ようやくその力と対等に向き合えるようになってきます。

本展は、いま持てる自分の全てをぶつけて描いた作品展です。


11月5日(金)18時~20時

レセプション - 土屋秋恆 御神画解説 -

*ご入場制限がございます。
*新型コロナウイルス感染状況により中止とさせていただく場合があります。ご来場前にご確認ください。

 

tsuchiya

土屋秋恆  shukoutsuchiya.com
1974年兵庫県宝塚市生まれ。
現代禅承水墨画家・南北墨画会 師範・墨閃会 代表。
水墨画家 斉藤南北 寺山南楊 両氏に水墨画を師事。


近年の活動
2019年 ロサンゼルス 個展 Surf-ink (Speedy Gallery)、
全国水墨研究会合同展 無鑑査大賞受賞
2020年 インド理科大学院 賢唱会麗 鳳凰図 揮毫
2021年 新宿 個展 土屋秋恆展 – タノシミ -(新宿髙島屋 美術画廊)


左:蛍光獅子図 1500×850mm
右:九鳳凰円翔図 1745×770mm