展覧会のご紹介

2017年10月展示会/作家のご紹介

古布の洋服展
深い眠りから目覚めた着物が蘇る

vintage kimonos and old pieces of fabrics

会期:2017年10月17日(火)~22日(日)
時間:10:30~20:30
最終日19:30迄

 来る10月17日より京都市役所西側アートスペース余花庵にて、古布リメイク服のブランド『P×G×F』主催の展覧会「古布の洋服展」を開催致します。
 『P×G×F』代表の岡村福子氏は京友禅の工房で彩色の仕事をした経験を活かして15年程前から古い着物を素材とした洋服を制作し、このブランドを立ち上げました。「着物離れが進む中、長年受け継がれ大切に保管されてきた着物や布が廃棄処分され、古来より生み出され伝わってきた文様や高度な技術を知る手立ても失われつつあります。着物や古布を洋服にリメイクして現代に蘇らせることで、日本の伝統美を多くの方々に知っていただきたい。」と岡村氏は語ります。  
 
 今展では秋冬向けの新作の発表を含め、「着る人の個性を活かしたい」という『P×G×F』の想いに賛同する、映像や音楽・グラフィックの分野で活躍中のアーティストとのコラボレーションも予定しております。
 アンティーク着物や古布の良さを活かして生まれ変わった洋服の数々を是非会場にて間近でご覧いただければ幸いです。



 写真のブラウスは、意匠の凝った美しいアンティークの長襦袢からリメイクされました。肌になじむ絹の長襦袢は通気性と保温力を兼ね備えています。
 着物の特性を知る岡村氏ならではの発想によって生まれ変わった衣類は、全てが1点物であることも魅力の一つです。

〈主催〉
P×G×F

〒610-0332 京都府京田辺市興戸若宮26-13
https://www.p-g-f.biz