展覧会のご紹介

2017年3月展示会/作家のご紹介

「桜」 寸法250cm×500cm

2017年4月9日(日)にて、無事終了いたしました。


書 中川聖久の世界 -さくら-

会期:2017年3月21日(火)~4月9日(日)
時間:10:30~20:30

・前期 3月21日(火)~3月31日(金)
・後期 4月1日(土)~4月9日(日)

※ 前・後期で一部展示替えいたします 

3月21日より京都市役所西側アートスペース余花庵にて、書家 中川聖久氏による個展「書 中川聖久の世界 -さくらー」を開催いたします。
今展では、縦2.5メートル・横5メートルの大きな作品「桜」をはじめ、桜の季節に合わせイメージされた筆墨作品を多数展示いたします。(前期・後期で展示替えを予定しております。)
作品のために筆を誂えるというこだわりから、「桜」の書には両腕で抱えるほどの太い筆を選ばれたとのこと。
昔から桜に馴染みのある日本人だけでなく、海外の方にもご覧いただき、書から想いを感じていただきたいと、中川氏は意気込みを語られました。
是非多くのみなさまに一味違ったお花見として、中川氏の桜をご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。

アートスペース余花庵

咲き始めの桜 満開の桜 川に浮かぶ花筏
さくらは私達にとって いつのシーンも大きな存在です
今年も会場に精一杯の桜を咲かせます

■中川聖久プロフィール
・1956年生 姫路市在住
・香瓔会会員 グループ“ゆめ”主宰
・兵庫県立高砂高等学校/兵庫県立松陽高等学校 書道講師

中川聖久

後援:書道 香瓔会/読売新聞社京都総局/京都新聞社

書道 香瓔会/展参事 榎倉香邨氏により1981年創設 会員数1500人
http://www.koyokai.info